就職する会社の求人を選ぶ場合の重要なポイント

長く勤務できる会社を選ぼう

新卒で入社する会社は10年や20年、定年するまで勤務する可能性があります。つまり、今後の人生に大きな影響を及ぼすことになるため、十分に吟味して求人に応募しましょう。

応募する求人を選ぶ場合の重要なポイントは、長く勤務できる会社を選ぶことです。給与やボーナスがたくさんもらえたり、新人でも責任のある仕事を担当できたりといった会社は魅力的です。しかし、その部分でしか判断しなければ、入社してから後悔したり、悩んだりする場面が訪れる可能性はあります。

就職した会社を短期間で退職してしまうと、転職する際の評価に影響します。ですから、求人全体をチェックし、長く勤務できるかどうかを冷静に判断すべきです。

早く出世したいなら従業員数の少ない会社が狙い目

上昇志向が強く、早く出世したい場合は、従業員数の少ない会社が狙い目です。そのため、求人を見る時は従業員数に注目することが重要なポイントです。従業員数が多い会社は規模が大きいため、出世するためのハードルが高いです。

たとえば、同期や年齢の近い従業員はライバルになるため、その中で成果を出したり、注目されたりする必要があります。また、出世するためには学歴も要素の1つとなるので、仕事面だけで評価されるとは限りません。従業員数が少ない会社でライバルはいますし、競争を勝ち抜いて出世する点は同じです。

ただ、規模が大きい会社に比べるとライバルは少ないため、チャンスはかなり多い状況です。もちろん、従業員数だけではなく、仕事内容や給与などもチェックし、納得してから求人に応募しましょう。

施工管理の求人に再挑戦する時、建設業界最大規模のポータルサイトを利用した方が、幅広くサポートしてくれるので、求職者にとって力強い味方です。

related post