英語の履歴書を書くときに抑えるべきポイントとは

日本語の履歴書との違い

外資系企業の採用にエントリーするときなどに必須の書類の一つに英文履歴書があります。英語でCVやResumeなどと呼ばれるものですが、これは単純に日本語の履歴書を英訳すればよいというようなものではありません。記載すべき項目は日本語のものと同じく職歴や学歴などですが、日本語の履歴書が年表のように所属した企業や部署を羅列するだけであることが多いのに対し、英文の場合にはそこでどういった成果を上げたかを簡潔に記載することがポイントとなります。海外の場合にはいかに自分をアピールして売り込むかが採用されるために重要な要素となることから、履歴書もそれに見合った内容となっていることが求められるという訳です。

どのような点に注意して英文履歴書を作成すべきか

それでは次に具体的にどういった内容を英文履歴書に記載すべきかについて見ていくこととしましょう。前述したとおり、自分の成果をアピールすることが大事ですので、例えば学歴であれば学生時代に達成したことを記載する必要があります。何かしらの賞を獲得したのであればそれを書けばよいですし、研究において新たな発見をしたのであればそういったことでもよいでしょう。職歴であれば、大規模なプロジェクトを成功に導いた経験があれば是非とも記載すべきですし、そういった経験がない場合には所属した組織に貢献できたと考える事項をアピールするというのもありです。なるべく自分の強みが伝わるようなエピソードを交えて書くことができれば採用につながる強い武器となるはずです。

面接を英語で実施する際、いくつかのバリエーションがあります。面接官が外国人か日本人か、Face to Faceか電話やビデオ通話で実施するか、事前に確認し、それぞれに合わせた対策を立てましょう。

related post