産業医とは、どんな医師なのか!?働き方や仕事内容について

産業医とは、どのような位置づけの医師なのか?

産業医とは、企業や事業所において、従業員の健康管理や病気の予防を促進する医師を意味しています。日本の法律では、50人以上の従業員が常時業務を行っている事業所に対して、産業医の選任を義務付けています。企業にとって労働者の健康を守ることは、健全な営業活動にも関わってきます。産業医は労働者の健康を守るために、必要不可欠な職種だと言えるでしょう。

産業医の働き方とは?

産業医の働き方は、嘱託と専属の2つに分けられます。この中で大半を占めているのが、嘱託の産業医です。嘱託の場合は企業と契約した上で定期的に企業を訪れ、労働者の健康管理を行います。クリニックの開業医として働きながら、複数の企業と契約している医師も少なくありません。一方、専属の産業医は、企業の社員として従業員の健康管理を行う医師を意味しています。一般的なサラリーマンと同様に朝から夕方までの勤務で、土日が休みのケースが多いです。この専属の産業医は、社員の人数が多い大企業に在籍する場合がほとんどのようです。

産業医の仕事内容とは?

産業医は社員の健康管理が主な仕事ですが、その業務内容は多岐に渡ります。健康診断や健康相談はもちろんのこと、衛生委員会に参加したり、インフルエンザ等の流行しやすい病気を防ぐべく、予防の呼びかけ等も行ったりします。またデスクワークが多い企業の場合、生活習慣病を予防するためにも、積極的な運動が欠かせません。このような健康面での生活指導も、産業医の大切な仕事だと言えるでしょう。

産業医の募集は企業のほか、大学などの教育機関においても実施されており、医者の主要な勤め先となっています。

related post