歯科衛生士とはどんな職業なのか?業務内容や仕事の見つけ方

歯科衛生士とはどんな職業なのか

歯科衛生士の職業を一言で表すと、「患者さんの歯と口腔のケアを行い、健康的な生活をサポートすること」と表現できると思います。歯科衛生士は、国家資格の1つです。歯の治療や口腔ケアのプロフェッショナルであり、歯科医と共に患者さんの歯の健康を守っていきます。近年は歯や口腔の状態が、全身の健康にも大きく関わっていることが明らかになっています。このため人々の健康を守るためには、無くてはならない職業だと言えるでしょう。

歯科衛生士の業務内容

歯科衛生士の業務内容は、歯科診療の補助と予防処置、歯科保健指導の3つがあります。歯科診療の現場では、歯科医を中心としたチーム体制で患者さんの治療に当たります。この中で歯科衛生士は歯科医のサポートに付くだけでなく、一部の治療も担当します。歯科クリニックが円滑に業務を進めるためには、歯科衛生士の存在が必要不可欠だと言えるでしょう。また歯科保健指導では、患者さんが自分で歯や口腔をケアできるように、しっかりと指導していきます。医院内で指導するのはもちろんのこと、近年は高齢者の自宅に出向き、訪問口腔ケアを行うケースも増えてきているようです。

歯科衛生士の仕事の探し方

歯科衛生士の仕事の探し方としては、卒業した専門学校に紹介してもらったり、ハローワークで求人を探すのが一般的です。また近年は、歯科衛生士の求人サイトを活用する人も増えてきています。歯科クリニックが自ら公式サイトで求人募集を呼びかけているケースもあるので、幅広く情報を検索することが大切です。

歯科衛生士の求人は、とても多くあります。歯医者さんが増えているので最近では、雇用が増えています。女性に人気がある職業です。

related post